古くて新しい暮らしの中の木工

グリーンウッドワークとは、伐ったばかりの木を 電動工具を使わずに、産業革命以前の伝統的な手工具で加工して、うつわや椅子など暮らしの道具をつくる、古くて新しい暮らしの中の木工です。

今回は 産山社小屋 さんの企画に参加させて頂きました。

電動工具を使わないので初心者にも優しく安心です。

 伐ったばかりの生きた木は、乾燥木材と違って野菜のように瑞々しく、フレッシュな香りや感触があります。 一度体験されましたら、その生きた木の生命感や、普段目にしない手道具に触れることで、ただ木でモノをつくるだけでなく、木や自然のこと、自然の中にある暮らしのことにまで興味が広がることでしょう。 

グリーンウッドワーク協会 理事長の小野さん。

何年か前に岐阜まで習いに行ったことがありますが、ご縁が繋がり

今回九州初上陸のタイミングで再会できました。感謝。

産山村のヒゴタイ公園キャンプ村。

美しい広葉樹林の中で2日間に渡り、講座を開催していただきました。


何が価値ある時間かって、

大量生産・大量消費がスタンダードのこの時代に なかなかお目にかかれない、

唯一無二の個性・スタイルを発揮する事が出来ます。

自然が生み出した 目の前で削られていく木と 何度も対話しながら、

その時にしか出来ないモノづくり。 

同じモノは、もう二度と つくれません。


企画してくれた堀江さん、ありがとうございました!

八女でもそろそろ本格始動致します。

実践・研究を一緒に進める仲間、募集中!!

#泊まれる山小屋#yamaberinglab

泊まれる山小屋 yamaberinglab (ヤマベリングラボ) は 福岡八女の奥座敷 黒木のまちとその奥にある 「山々の豊かさ」にエントリーする拠点です。 1Fはコワーキングスペース 各種イベント・セミナーなど 人と山やまちの関わりをデザインする企画も ご相談ください。 ☆宿泊の予約はコチラから☆ https://www.airbnb.jp/rooms/23296467

0コメント

  • 1000 / 1000